六十の手習い

ついに、六十になりました。

Wristable GPSウォッチ SF810Bのインドアモードを試す

 私の月間走行距離の目標は150㎞・・・2016年9月以降の走行距離は次のようになっています。

 9月 :172.68㎞
 10月:176.73㎞
 11月:171.53㎞
 12月:142.82㎞
 1月 : 88.95㎞(22日現在)

 9月から11月の3ヶ月間は目標の150㎞を達成しましたが、12月は『袋井マスクメロンマラソン』を風邪で欠場したことが響き、僅かですが目標に届かない結果になりました。
 そして1月、既に下旬となっていますが、『木曽三川マラソン』が雪で中止になったこともあり88.95㎞と100㎞にも満たない状況です。週末ランナーの私が目標を達成するには、1月最後の週末で60㎞以上を走らなければならないことになりますが、それは到底無理な話です。
 またこの時期、西高東低の気圧配置による強風と寒さで、外で走ることが億劫になることも度々、しかし、走行距離は伸ばしたい・・・ということで、この週末(土曜日)は、風や寒さに影響されないジムで走ってきました。

f:id:fjt320:20170121150510j:plain

 どうせジムで走るのなら、以前から試してみたいと思っていた、『Wristable GPSウォッチ SF810』のインドアモードを使い、その精度を確かめてみました。

■『Wristable GPSウォッチ SF810』HPより
実速度と体振動周波数から、歩幅を絶えず学習するストライドアルゴリズムGPS信号が入らないトンネル内やスポーツジムなどの室内でも高い精度で走行距離やラップを刻み続けます。

検証方法
▷ランニングマシンで1時間(約10㎞)を2本、時速10㎞/h《6分/㎞》、11㎞/h《5分27秒/㎞》、12㎞/h《5分/㎞》のビルドアップを実施
▷その結果をGPSウオッチのインドアモードで測定したラップタイムと比較
▷マシンの速度変更後の1㎞(*印)は、変更前・変更後の速度が混在しているため、サンプルから除外

1本目
時速9㎞/h《6'40/㎞》
 01㎞*  6'03 / 119
時速10㎞/h《6'00/㎞》
 02㎞*  5'52 / 136
 03㎞   5'23 / 142
 04㎞   5'22 / 143
時速11㎞/h《5'27/㎞》
 05㎞*  5'18 / 146
 06㎞   5'14 / 151
 07㎞   5'16 / 153
時速12㎞/h《5'00/㎞》
 08㎞*  5'13 / 155
 09㎞   5'09 / 161
 10㎞   5'10 / 163
2本目
時速10㎞/h《6'00/㎞》
 01㎞*  6'07 / 134
 02㎞   5'28 / 148
 03㎞   5'30 / 149
 04㎞   5'27 / 151
時速11㎞/h《5'27/㎞》
 05㎞*  5'27 / 155
 06㎞   5'16 / 158
 07㎞   5'16 / 160
時速12㎞/h《5'00/㎞》
 08㎞*  5'14 / 163
 09㎞   5'10 / 168
 10㎞   5'11 / 170
※《 》内はランニングマシンの速度に対応した平均ペース
※各距離毎にGPSウオッチのインドアモードで測定したラップタイム/心拍数を記載

 この結果をどう見るかということですが、マシン速度《平均ペース》とGPSウオッチのラップタイムには、なんとなく法則っぽいのものがありそうです。

 ザクッというと、こんな感じでしょうか。
★マシン速度《平均ペース》が10㎞/h《6分/㎞》の場合は、GPSウオッチが計測したラップタイムは、マシンの《平均ペース》より30秒程速い値となる。
★マシン速度《平均ペース》を11㎞/h《5分27秒/㎞》に上げると、その差は12秒程度まで小さくなり、12㎞/h《5分/㎞》では、逆にGPSウオッチが計測したラップタイムがマシンの《平均ペース》より約10秒程遅い値となる。

 今回のこの結果から新たな疑問が生まれました。11㎞/h~12㎞/hのどこかのポイントでマシン速度《平均ペース》とGPSウオッチのラップタイムが逆転する訳ですから、その逆転するポイントはどこか・・・ということです。
 近いうちにこの疑問も解消したいと思います。

 ところで、今回、ランニングマシンの画面を撮影するために『歩きスマホ』ならぬ『走りスマホ』をしてしまいました。それも時速12㎞/h時に・・・その後の顛末はご想像のとおりで、知らぬ間に後退していき回転ベルト部から脱落、幸い転倒は免れましたが、左足の脛を打ちました。やはり『歩きスマホ』は危険です。ましてや『走りスマホ』なんてもっての他です。

雪で試すことができなかった『asics GEL-NIMBUS 18』

 2017年1月15日、数年に一度という大寒波の到来で自宅周辺も20㎝程の積雪、当日エントリーしていた『第19回木曽三川マラソン大会』も会場に向かう途中で積雪のため車が立ち往生してしまうかも・・・ということで参加を断念、結果的には、大会自体も中止となったようです。

 これで、風邪のため参加を見合わせた昨年12月11日の『袋井クラウンメロンマラソン』に続いて2度目の“Do Not Start”、『袋井マラソン』の場合は自身の健康管理の問題でしたが、今回は数年に一度の大寒波ということで、「天(天候)にも見放されたか」という感じです。“二度あることは三度ある”ということにならなければ良いのですが・・・

 ところで、今回の『木曽三川マラソン』では周回コース(それも約10㎞という手頃な距離)だからこそできる、私のこれからのフルマラソンに大きな影響を与えるかもしれないひとつの試みを実施するつもりでした。

 というのは、2016年5月にそれまで使っていた『asics GEL-KAYANO 21-slim』の後継として『asics GEL-NIMBUS 18』を購入したのですが、いつまでたっても私の足に馴染んでくれず、手を焼いていたところです。

fjt320.hatenablog.com

 しかし、先日(2017.1.8)の『かめやま“江戸の道”シティマラソン』で10㎞という短い距離ではありますが、NIMBUSで走ってみたところ、これまでのような違和感はなく走ることができました。
 あとは距離が伸びた場合にどうなるかということなのですが、それを今回の『木曽三川マラソン』で試してみようと思っていました。
 具体的な検証方法としては、①まずはNIMBUSでスタート、②コース脇にKAYANOをデポ、③周回毎に様子を見ながら違和感を感じたらKAYANOに履き替え・・・というものです。
 普段の練習ではフルマラソンの距離やペースをリアルに体感することはなかなか難しく、今回の『木曽三川マラソン』は絶好の機会だったのですが、中止となり残念でした。

 結局、NIMBUSの“馴染み具合”の検証を行うことはできず、次回のフルマラソンでNIMBUSを使うべきか、それともKAYANOかということで、真剣に悩んでいます。

第25回かめやま“江戸の道”シティマラソン大会

 やってきました。年に一度の10㎞走・・・ということで、2017年の走りはじめとして1月8日に『かめやま“江戸の道”シティマラソン』に参加してきました。
 昨年のこの大会では、10㎞で初めての50分切り、今年も50分を切ることはもちろんですが、できれば昨年のタイム48分52秒(4分53秒/㎞)を超えたいと思っています。
 ということで、今回の目標タイムは48分50秒・・・昨年のタイムから僅か2秒の短縮ですが、この4分53秒/㎞というタイムは私の限界に近いスピード、心拍数は170に届かんばかりとなり、走っている間に考えることと言えば、“残りの距離”と“歩きたい”ということばかり・・・
 更に、このコースは小さな上り下りも多く、昨年の記録を1秒でも上回れば上出来だと思っています。

 結果は、46分58秒(完走証)、昨年のタイムを2分近くも短縮、上出来でした。
 ※1㎞毎の「ラップタイム / 心拍数」
 01㎞   4'42 / 145
 02㎞   4'40 / 168
 03㎞   4'30 / 165
 04㎞   4'47 / 168
 05㎞   4'42 / 165
 06㎞   4'43 / 166
 07㎞   4'46 / 165
 08㎞   4'53 / 165
 09㎞   4'46 / 163
 10㎞   4'29 / 164


GPSウオッチの計測では、距離は10㎞に100mほど足りない。GPSウオッチの距離を信じるのであれば、フィニッシュタイムは30秒を加算し47分28秒といったところか。

f:id:fjt320:20170108195145j:plain

 ところで、昨年1月下旬から使いはじめた『Wristable GPSウオッチ SF810』、2016年の年間走行距離は約1,600㎞となりました。この間、メインで使っていたシューズ『asics GEL-KAYANO 21-slim』のソールもかなり劣化・・・そんな訳で今回は、私の足にはまだ馴染んでないですが、10㎞ならなんとかなるでしょう・・・ということで、『asics GEL-NIMBUS 18』で走ってみました。

 履き心地は・・・これまでNIMBUSで感じていた違和感が、距離が短いからかほとんどありませんでした。距離が伸びた場合にどうなるかが問題です。

fjt320.hatenablog.com

ナゴヤランナーズトライアル(30K)

f:id:fjt320:20161228182057j:plain
 12月11日にエントリーしていた今シーズン2度目のフルマラソンの「袋井クラウンメロンマラソン」ですが、風邪のため欠場してしまい、完走後に出されるというメロンを食べ損ねました。
 11月6日の『大阪・淀川市民マラソン』、11月27日の『忍者の里伊賀上野シティマラソン』と、それなりのタイムが出ていただけに、この大会でサブ4とはいかないまでも『大阪・淀川市民マラソン』の記録を上回れるのではないかと意気込んでいたのですが残念でした。

 いずれにしても、健康で走れることが一番・・・ということで、風邪も治った12月23日、庄内緑地公園の周回コース2.3㎞を13周と100m走る『ナゴヤランナーズトライアル(30K)』に参加しました。

 目標は5分30秒/㎞を最後まで維持し2時間45分以内での完走・・・これは『大阪・淀川市民マラソン』、そして『忍者の里伊賀上野シティマラソン』のタイムからすればそれほど難しいものであるとは思えず、また、“サブ4”を達成するためには最低限クリアしなければならないタイムでもあります。

 この大会は、ペースランナーが先導してくれ、当然ながら私は5分30秒/㎞のペースランナーの後尾についたのですが、GPSウオッチで計測した1㎞毎のタイムは5分40秒/㎞前後といったところ、そして、今回のレース展開はこんな感じでした。

《序盤》
「ちょっとペース遅いな~」
「いや、まだまだ序盤や、20㎞まではペースランナーにキッチリ付いていこう。」
「20㎞を超えても余裕があれば、5分20秒/㎞までペースアップ」

《中盤》
「足の付け根に痛みが・・・」
「ふくらはぎも痛くなってきた。」
「最近、痛みが出なかった左足裏拇指球まで痛くなってきた。」

《終盤》
「ペースランナーの後を一緒に走っていた人が少なくなったな~」
「ほとんどの人が先に行った感じ・・・」
「私もそのつもりやったけど、今からのペースアップは無理」
「ついていくのが精一杯」
「もうついていけん。」

結果は次のとおり・・・

 ★走行距離:29.46㎞(GPSウオッチ)
 ★タイム:2時間50分53秒(完走証)

1㎞毎の「ラップタイム / 心拍数」
※参考として11月6日の『大阪・淀川市民マラソン』、9月18日の『庄内緑地グリーンランニング 15th(30㎞)』も記載
             大阪・淀川   庄内緑地
距離   今回      市民マラソン    グリーンランニング15th
01㎞   5'23 / 135   6'01 / 133   5'24 / 139
02㎞   5'30 / 149   5'42 / 148   5'21 / 155
03㎞   5'35 / 151   5'39 / 148   5'24 / 157
04㎞   5'27 / 153   5'42 / 149   5'20 / 159
05㎞   5'44 / 155   5'41 / 148   5'20 / 161
06㎞   5'38 / 155   5'40 / 148   5'18 / 162
07㎞   5'40 / 155   5'36 / 149   5'14 / 160
08㎞   5'44 / 155   5'41 / 149   5'20 / 160
09㎞   5'33 / 159   5'33 / 150   5'16 / 160
10㎞   5'29 / 174   5'32 / 151   5'47 / 160
11㎞   5'38 / 162   5'39 / 150   5'12 / 160
12㎞   5'38 / 160   5'40 / 150   5'20 / 160
13㎞   5'34 / 160   5'35 / 151   5'23 / 161
14㎞   5'36 / 169   5'56 / 153   5'09 / 162
15㎞   5'29 / 163   5'29 / 155   5'34 / 161
16㎞   5'34 / 159   5'34 / 155   5'25 / 162
17㎞   5'34 / 161   5'45 / 153   5'29 / 160
18㎞   5'37 / 162   5'29 / 155   6'44 / 154
19㎞   5'35 / 171   5'36 / 154   5'33 / 159
20㎞   5'29 / 175   5'38 / 154   5'48 / 160
21㎞   5'39 / 175   5'42 / 155   5'44 / 160
22㎞   5'31 / 189   6'42 / 153   5'53 / 159
23㎞   5'53 / 186   5'45 / 153   7'09 / 147
24㎞   5'30 / 180   5'50 / 153   5'54 / 158
25㎞   5'45 / 166   5'55 / 154   6'14 / 157
26㎞   6'38 / 163   5'54 / 154   5'56 / 159
27㎞   6'18 / 160   5'52 / 154   5'56 / 158
28㎞   7'02 / 157   5'42 / 153   6'44 / 156
29㎞   8'03 / 149   6'31 / 152   5'56 / 159
30㎞   7'58 / 152   5'43 / 153   5'58 / 160
31㎞           5'58 / 154
32㎞           5'56 / 154
33㎞           6'33 / 151
34㎞           5'58 / 155
35㎞           6'38 / 152
36㎞           6'05 / 154
37㎞           6'18 / 155
38㎞           6'47 / 150
39㎞           6'43 / 152
40㎞           6'52 / 152
41㎞           6'14 / 155
42㎞           6'31 / 153

 26㎞以降完全に失速、目標の2時間45分どころか、30㎞のベストタイムである2時間47分36秒も超えることができず、こんなはずでは・・・と、かなり落ち込んでいます。

 12月上旬の風邪、それに伴う練習不足、その練習不足を補おうと、前の週末での2日連続の20㎞走、そんな不十分な体調と無理な練習による疲労の蓄積、これがなければ間違いなく目標は達成できたはず・・・と思うことにしておきます。

 因みに、今回の利用シューズも『asics GEL-KAYANO 21-slim』、『大阪・淀川市民マラソン』、『忍者の里伊賀上野シティマラソン』と、まったく出なかった左足裏拇指球の痛みが再発したことにちょっと心配な私です。

野登山山頂からの夜景タイムラプス By PowerShot G7 X MarkⅡ

 PowerShot G7 X MarkⅡでタイムラプスなるものを撮影してきました。被写体は野登山(鈴鹿山系)国見ひろばからの夕景から夜景へと刻々と変化していく風景、この日の『日の入り時刻』は16時43分ということで16時30分から5秒間隔で600枚の撮影を開始、撮影所要時間は50分、その間、標高800m超える誰もいない山頂で寒い中待つのみ、これでも動画になるのは僅か20秒・・・
 しかし、どんな感じで日が暮れていくのか、夜景はどのように見えるのかなど、想定外のところもあったので、イメージどおりの出来栄えにはなりませんでした。

※出来上がった20秒の動画、しかし、最初は変化が少なかったので約8秒をカット、撮影開始時間を20分程遅らすべきでした。
※カメラを向けた方向は、夜景が最も地味な方向でした。少しだけカメラを右に振れば鈴鹿方面、左に振れば四日市方面の夜景が・・・

 ・撮影日 2016年12月3日(土)
 ・撮影間隔/回数 5秒/600回
 ・自動露出    撮影毎
 ・撮影所要時間  50分
 ・動画再生時間  20秒(8秒をカットし12秒に)



野登山から夜景タイムラプス

 星空モードで撮影、この日は三日月だったのですが、画像では三日月に写っていないのが残念・・・しかし、なかなか綺麗に撮れるものです。
f:id:fjt320:20161203222519j:plain
 ・撮影モード:フォト・イン・ムービー
 ・シャッタースピード:1.6
 ・絞り:1.8
 ・ISO感度:500(オート)
 ・ホワイトバランス:星空

16時30分頃の夕景
f:id:fjt320:20161203230035j:plain
 ・撮影モード:オート
 ・シャッタースピード:1/320
 ・絞り:4.0
 ・ISO感度:125(オート)
 ・ホワイトバランス:オート

 ところで今回、タイムラプスの撮影のため三脚を買いました。購入したのは『SLIK エアリーM100』、購入の決め手は、重さ:895g、縮長:350mmの軽量でコンパクトな大きさ、そして自由雲台

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 スリック 【4段三脚】トラベル三脚 エアリーM100
価格:15670円(税込、送料無料) (2016/12/4時点)


忍者の里伊賀上野シティマラソン

 フルマラソンは4時間、ハーフマラソンは1時間50分、10㎞は50分を切ることを目標にしている私ですが、その現状は・・・

〔10㎞〕2016年1月10日、『かめやま“江戸の道”シティマラソン』で48分52秒(ペース4分54秒/㎞)、とりあえず目標を達成・・・

〔フルマラソン〕自己ベストは、非公認コースではありますが、2016年11月6日の『大阪・淀川市民マラソン』、タイムは4時間9分47秒(ペース5分56秒/㎞)、河川敷コースでほぼ平坦でしたが目標に届かず。

ハーフマラソン昨年11月29日の『忍者の里伊賀上野シティマラソン』で、最後の激坂、ゴール手前で足が攣りそうになりながらも1時間50分37秒(5分14秒/㎞)と目標の1時間50分まであと僅かでした。
 しかし、2016年10月16日の『びわ湖高島栗マラソン』では、後半に予想どおり失速し、1時間55分27秒(平均ペース5分29秒/㎞)となんとも平凡な記録に終わりました。

 そして2016年11月27日、昨年惜しくも37秒足りなかった『忍者の里伊賀上野シティマラソン』に再挑戦・・・当日は雨、久しぶりの雨の日の大会でモチベーションを維持するのに苦労しました。

f:id:fjt320:20161127200053j:plain

 結果は下記のとおりで、激坂のある最後の2㎞を除いてはほぼイーブンペース、前半はペースを維持するのが精一杯だったのですが、後半、なかなか失速しない自分に驚きながら走ることができ、気分的には後半の方が余裕があった感じです。
 ところで、今回は若干のコースの変更があったようですが、最後の激坂は顕在、やはりこの坂はキツかったです。今回も坂を下り残り数百メートルのところで、脹ら脛がピクピクし足が攣りそうになりました。

 いずれにしても、これで10㎞とハーフは目標を達成しました。残るはフル、今シーズン中に達成したいものです。


※距離表示は『Wristable GPS SF810』の計測距離です。

◆今回の結果
 ★タイム:1時間47分13秒(完走証)
 ★平均ペース:5分5秒

◆1㎞毎の「ラップタイム / 心拍数」
        伊賀上野シティマラソン    びわ湖高島栗マラソン
    (2016.11.27)  (2015.11.29) (2016.10.16)
01㎞   4'46 / 139     5'35    4'49 / 141
02㎞   4'50 / 155     5'05    4'54 / 156
03㎞   4'50 / 158     4'47    5'03 / 159
04㎞   4'53 / 160     4'53    5'16 / 161
05㎞   4'56 / 162     5'01    5'12 / 162
06㎞   5'07 / 163     5'10    5'13 / 164
07㎞   5'05 / 162     5'36    5'24 / 164
08㎞   5'12 / 162     5'11    5'12 / 166
09㎞   4'56 / 159     5'12    5'22 / 167
10㎞   5'03 / 160     5'24    5'30 / 167
11㎞   5'11 / 162     5'06    5'34 / 165
12㎞   5'04 / 161     5'13    5'55 / 163
13㎞   5'02 / 159     5'16    5'33 / 164
14㎞   4'59 / 160     5'21    5'36 / 165
15㎞   5'09 / 160     5'07    5'32 / 163
16㎞   4'59 / 162     5'21    5'49 / 164
17㎞   5'04 / 162     5'19    5'34 / 165
18㎞   5'07 / 160     5'26    5'45 / 167
19㎞   5'11 / 161     5'18    5'58 / 164
20㎞   5'28 / 163     5'44    5'45 / 165
21㎞   5'47 / 164     5'01    5'42 / 166
※参考として、昨年の『伊賀上野シティマラソン』と『びわ湖高島栗マラソン』の記録も記載
※昨年の『伊賀上野シティマラソン』はスマホアプリ『RUNTASTIC』の計測値

 今回の利用シューズは『asics GEL-KAYANO 21-slim』、完全に左足裏拇指球の痛みは克服したようです。

湖東三山(百済寺、金剛輪寺、西明寺)ラン & ウォーク

 11月13日(日)、小春日和のような陽気に誘われ滋賀県の湖東三山(百済寺金剛輪寺西明寺)に紅葉狩りに出かけました。

 Googleマップに道案内をしてもらい、近江鉄道八日市駅から百済寺金剛輪寺西明寺と巡り、そして豊郷駅へ戻る約28㎞をランとウォークでつなぎました。
 もちろん“燃えるような紅葉”を撮影するため『PowerShot G7 X MarkⅡ』とひょっとして使うかもしれない『三脚』を持参、水・行動食などと合わせてザックは結構な重さになりました。
 因みに、“燃えるような紅葉”は、まだ少し早い感があり、ひょっとして使うかもしれないと持参した『三脚』も使うことはありませんでした。

 いつもはカメラ任せの『オート』での撮影がほとんどですが、今回はボケ味の効いた写真を撮るため『絞り優先』を使ってみました。しかし、なかなか思ったような写真にはなりませんでした。

撮影モード:絞り優先

百済寺〕背景にボケ味を出すつもりが手前がボケる。
f:id:fjt320:20161117212041j:plain
撮影モード:絞り優先AE
シャッタースピード:1/800
絞り:2.0
ISO感度:125(オート)

百済寺〕手前のもみじも背景の瓦もボケていない。
f:id:fjt320:20161114230056j:plain
撮影モード:絞り優先AE
シャッタースピード:1/1000
絞り:2.5
ISO感度:125(オート)

金剛輪寺〕背景、ボケ過ぎ!
f:id:fjt320:20161115072948j:plain
撮影モード:絞り優先AE
シャッタースピード:1/320
絞り:2.8
ISO感度:125(オート)

金剛輪寺〕これも背景をボカスつもりが手前がボケる。
f:id:fjt320:20161115072949j:plain
撮影モード:絞り優先AE
シャッタースピード:1/200
絞り:2.8
ISO感度:125(オート)

金剛輪寺〕中央のお地蔵さんの前後は、もう少しボケ味が欲しかった。
f:id:fjt320:20161114230058j:plain
撮影モード:絞り優先AE
シャッタースピード:1/200
絞り:2.8
ISO感度:3200(オート)

西明寺〕なかなか良いボケ味が出ている。
f:id:fjt320:20161114230103j:plain
撮影モード:絞り優先AE
シャッタースピード:1/320
絞り:2.8
ISO感度:125(オート)

撮影モード:オート

金剛輪寺
f:id:fjt320:20161114230059j:plain
撮影モード:オート
シャッタースピード:1/320
絞り:4.0
ISO感度:125(オート)

西明寺
f:id:fjt320:20161114230101j:plain
撮影モード:オート
シャッタースピード:1/40
絞り:3.2
ISO感度:125(オート)

西明寺
f:id:fjt320:20161114230102j:plain
撮影モード:オート
シャッタースピード:1/125
絞り:4.0
ISO感度:125(オート)

西明寺
f:id:fjt320:20161114230104j:plain
撮影モード:オート
シャッタースピード:1/50
絞り:4.0
ISO感度:125(オート)

GPSログ〔Wristable GPS SF810〕

近江鉄道八日市駅百済寺
 ★距離:9.372㎞
 ★タイム:1時間11分34秒
 ★平均ペース:7分38秒

百済寺金剛輪寺
 ★距離:8.592㎞
 ★タイム:1時間9分11秒
 ★平均ペース:8分3秒

金剛輪寺西明寺
 ★距離:3.686㎞
 ★タイム:32分2秒
 ★平均ペース:8分41秒

西明寺近江鉄道豊郷駅
 ★距離:6.440㎞
 ★タイム:46分15秒
 ★平均ペース:7分10秒