六十の手習い

しかし、六十までにはあと少しありますけどね。

GPS精度対決! Wristable GPSウォッチ SF810 vs スマートフォン

f:id:fjt320:20160130184425j:plain

エプソン Wristable GPSウォッチ SF810とスマートフォンGPS精度比較を行ってきました。なお、スマートフォン富士通 ARROWS NX(F-04G)、そしてランニングアプリはruntasticを使っています。

◎実施日:2016.1.30(土)
◎比較方法:直線コースと周回コースで比較

 ※直線コースは国道1号線の10㎞・・・距離は国土交通省設置の距離標(KP:1㎞毎の地点標)を基準にしました。因みに距離標は『道路基準点案内システム』で確認することができます。
 ※周回コースは四日市中央緑地公園のトリムコース、このトリムコースはAコース2,015m、Bコース1,540mの二つがあり、今回は2,015mのAコースを使用しました。

それでは結果です。

◎直線コース
10㎞走行時のGPSでの計測距離はWristable GPSウォッチ SF810が9.995㎞、スマートフォンは10.02㎞とどちらもかなり正確です。また、1㎞毎の距離計測もGPSウォッチ、スマートフォンとも20m前後の誤差に治まっていました。

下の地図は、その軌跡をGoogle Mapに落とし込んだもの(緑色:GPSウォッチ、赤色:スマートフォン)ですが、GPSウォッチの方が若干ですが安定しています。(かなり地図を拡大しなければわかりませんけどね・・・)

◎周回コース
四日市中央緑地公園トリムコース(Aコース:2,015m)での計測では、GPSウォッチが1.992㎞、スマートフォンは2.04㎞とそれぞれ20m以上の誤差がありました。また、下の地図を見るとGPSウォッチの軌跡(緑色)がコースの内側にかなりずれています。このコース・・・特に南側と東側は木々の間を走る林間コースとなっているのでGPS信号が届きにくかったのでしょうか、それともGPSは周回コースに弱いのか、いずれにしても、この誤差はちょっと微妙です。