六十の手習い

しかし、六十までにはあと少しありますけどね。

ファイテン『足王(ソッキング)5本指タイプ』と『チタンテープ(50㎜×4.5m)伸縮タイプ』を買う

今週末の2月21日(日)は『庄内緑地グリーンランニング12th(30km)』にエントリーしています。今回は3月6日の『静岡マラソン』に向けた最後のロング走という意味合いが強いのですが、それ以外にも『木曽三川マラソン』『いかるがの里・法隆寺マラソン』などで10km以降に発生した“足裏の痛み”を克服するということもひとつの大きな目的となっています。

そのために素人の私が素人なりに考えた対策が次のふたつ
①ソックスの購入・・・私が現在使っているのはファイテンの『足王(ソッキング)』、かなり使い込んでおり劣化も進んでいます。その劣化が微妙に影響しソックスが足裏にストレスを与えているのではということで、新しいソックスを買うことにしました。
②足裏へのテーピングの実施・・・痛みは足裏とソックスの摩擦が原因、それならば足裏にテーピングすることでテープが緩衝材となり摩擦を抑えることが可能なのではというのがもうひとつの理由です。

新たにソックスを購入するにあたっては、ファイテン以外のメーカーを経験してみるのも「ありだな!」と思い、今回は『TABIO』を買うつもりでした。しかし、『ファイテン』の店の前を通った瞬間、私は迷うことなく店に入り展示してある『足王』を手にしていたのです。そして、あろうことか店員さんに「このソックスを履いていると足裏が痛くなるんですけど!なんか良い対策はないでしょうか。」と足裏痛の原因がいかにっも『足王』にあるのではと言わんばかりの口ぶりで、更に「足裏にテーピングでもすれば多少は良くなりますかね。」と・・・自分の考えた対策に誘導するかのように店員さんに聞いていました。

 ファイテンの店員さんは、私の言うことを否定することはなく、「ランニング中のテープの剥がれなどで逆に走り難くなるかも知れませんね。」とちょっとだけ問題点を指摘し、その後、足・足裏へのテーピングを実際に店頭でしていただきました。
①テープを縦に半分に切り足の親指に巻く。(15cm程度)
 ※親指が曲がり難くなり拇指球への衝撃が緩和されるらしい。
②足の甲にテープの中心を置き、両端を土踏まずの方に向けて貼る。(20㎝程度)
③足裏の拇指球部分にテープの中心を置き、両端を足の甲の方に向けて貼る。(20㎝程度)
 ※②③ 土踏まずのアーチ形状を維持するらしい。
④1枚を踵後部(アキレス腱がつながっているところ)にテープの中心を置き、両端を踵側面に沿って前方に向かって貼る、もう1枚を踵後部からアキレス腱に沿い上に向かって貼る(15㎝程度×2枚)
 ※踵着時の衝撃を緩和するらしい。

以上を左足だけに実施してもらい、そして『足王』と『チタンテープ』を買って店を出た訳ですが、 気のせいか左足が実に軽いのです。帰宅後、試しに10㎞を走ってみましたが特に違和感もありません。そんな訳でとりあえず、2月21日の『庄内緑地グリーンランニング12th(30km)』では、これらのテーピングをして(①は5本指タイプでは履きにくくなるので止めておきます。)走ろうと思っています。最悪、走行中に違和感が出たとしてもそのときは剥がせばいいか・・・ぐらいのつもりで走ることにします。

 因みに、私がファイテンを使いはじめたのは友人から『パワーテープ』を貰い貼ったのがきっかけ、そのときも今回と同様に身体が軽くなるような感じがしました。それ以降、『パワーテープ』や『チタンテープ』そして『足王』はもちろんですが、『RAKUWA ネックワイヤーⅡ』『パワースリーブX30(ARM)ロング』『ファイテン スポーツベルト』などにもお世話になっていました。最近では 『足王』と『RAKUWA ネックワイヤーⅡ』以外はあまり使っていませんでしたが、ここのところ、疲れが溜まっているのか身体が重く感じているので、もう一度ファイテンに頼ってみようかと思います。

以上、あくまでも個人の感想です。

※膝スパイラル貼り、足首フィギュアエイト貼り紹介動画