読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六十の手習い

しかし、六十までにはあと少しありますけどね。

asics GEL-NIMBUS 18 ファーストインプレッション

 これまで使ってきたシューズは次のとおりです。メーカーはアシックス一択ですがサイズ・足幅はそれぞれ違い、特に足幅はワイド、レギュラー、スリムと徐々に足が痩せてきたのかと思うほど一貫性がありません。

初代:asics GEL-DS FUNLINE 2-WIDE(25.5㎝)

 ◆購入日:2011年秋
 ◆選んだ理由:履いてみた直感
 ◆履き心地:特に違和感なし


二代目:asics GEL-DS TRAINER 18(26.0㎝)

 ◆購入日:2013.9月
 ◆選んだ理由:紹介してもらった街のスポーツ店で店員さんに『あなたの足はワイドではない。』『靴のサイズで迷ったらワンサイズ大きいのを買うべき。』と言われ、足囲はレギュラー、サイズは26.0㎝を購入
 ◆履き心地:使いはじめにフルマラソンで足裏に水ぶくれができた。


三代目:asics GEL-KAYANO 21-slim(26.0㎝)

 ◆購入日:2015.9.19
 ◆選んだ理由:左股関節痛のためクッション性を重視、『スポーツオーソリティ』で簡易的な足のサイズを計測してもらい購入、レギュラーとも履き比べたがスリムの方がフィット感があった。
 ◆履き心地:左足の親指側面に「マメ」ができたのと左足拇指球の痛みに悩まされる。

 という訳で、未だに自分の足にぴったりのシューズに出会えていないというのが現実です。「水ぶくれ」や「マメ」ができたり、足裏に痛みを感じると『やっぱり私の足にはワイドが合うんじゃないの?』とか、『シューズじゃなくて走り方に問題があるんじゃないの?』とか、『もしかすると私って浮き指?』とか、シューズ・走り方・足の形状に至るまでいろいろと悩んでいました。そして、そんな悩みを払い除けるため、東京出張のついでに『アシックスストア東京』で足型の計測を行い、私の足にぴったりフィットするであろう四代目のランニングシューズを買ってきました。

四代目:asics GEL-NIMBUS 18(26.0㎝)

 ◆購入日:2016.5.19

f:id:fjt320:20160531222715j:plain

 計測の結果は、足長は右より左の方が0.3㎜大きく、足囲は「E」、そしてプロネーションはニュートラルと『スポーツオーソリティ』での簡易的な計測と大きな違いはありませんでした。
 今回のシューズの選択は、自分の意志は極力押さえ店員さんに任せようと思っていたのですが、①計測結果が想定の範囲内であったこと、②現在履いているカヤノ(スリム) のつま先にやや窮屈感を感じていること、③クッション性は今回も重視したいことなどから、自分の気持ちの中ではカヤノ(レギュラー、26.0㎝)に決めようと思っていたようで、店員さん任せと言いつつも、その方向にもっていこうとする自分がいました。
 しかし、ここで目から鱗が・・・カヤノはオーバープロネーション用に作られたシューズらしいです。
 私はニュートラルだし~
 これまでカヤノを履いていたが、それほど違和感なかったけど~
 ひょっとすると、左足拇指球の痛みはこれが原因かも~
などについて店員さんと話をし、最終的にはクッション性もカヤノと同様に高く、ニュートラルからアンダープロネーション仕様のasics GEL-NIMBUS 18(レギュラー 26.0㎝)を買うことにしました。もちろん短時間の試着でプロネーションの違いまではわかりませんが、ニンバスの履き心地は良く、なんといってもその色、そのデザインに心を奪われました。

 これで私にぴったりのシューズを買うことができ、拇指球の痛みに悩まされることもなく快適に走れるのではないかと思い、早速、5月22日の『越前大野名水マラソン』で使ってみました。
 結果は、足裏にこれまでと違う痛みを感じ、間違っても“快適な走り”とは言えませんでした。なんといっても、買ったのが5月19日(木)、21日(土)に5㎞程の慣らし走行、そして、22日に本番ですから無理もありません。また、翌週28日(土)にジョグ&ウォークを25㎞、このジョグ&ウォークで判明したこと・・・カヤノとニンバスは“似て非なるもの”まったく違う筋肉を使っている感じです。
 カヤノは今までのシューズの延長線上にあるといった感じで、履き心地の違いをそれほど意識することはありませんでしたが、ニンバスは距離が伸びるにつれ、ハムストリングスと大殿筋上部への負荷がこれまでとは比較にならないほど大きいです。(あくまで個人の感想です。)

 実を言うと、このニンバスで6月12日の『飛騨高山ウルトラマラソン(71㎞)』を走ろうと思っていましたが、とりあえずカヤノか二代目のDS TRAINERを使いたいと思います。そして、ニンバスは『飛騨高山ウルトラマラソン(71㎞)』が終わってから徐々に慣らしていくことにします。(本当に慣れてくれるのか少々心配です。)

【参考】asics GEL-FujiSensor 2 G-TX(26.0㎝)

 ◆購入時期:2014.1月
 ◆選んだ理由:トレラン用、ゴアテックス対応のものを購入
 ◆履き心地:特に違和感なし