六十の手習い

しかし、六十までにはあと少しありますけどね。

鈴鹿山系トレイル(鎌ヶ岳-御在所岳-国見岳)

 今シーズン最初の大会である『びわ湖高島栗マラソン(ハーフ)』も終わり、次の『大阪・淀川マラソン(フル)』まで2週間を残した10月23日、これまでならフルマラソンに向けて20㎞ほどを走るのですが、今回は『PowerShot G7 X MarkⅡ』で写真も撮りたかったので山へ・・・鈴鹿山系中部、鎌ヶ岳・御在所・国見岳周辺をぐるっと回ってきました。

 ついこの間までは、まだまだ暑かった印象があるので、紅葉は少し早いかな~と思っていたのですが、季節は確実に移り変わっており、山肌は想像以上に色付いていました。

f:id:fjt320:20161024232627j:plain
〔色付く鎌尾根〕

★日付:2016.10.23(日)
★コース:湯の山温泉駅-三岳寺-(馬の背尾根)-鎌ヶ岳-武平峠-御在所岳-レストラン アゼリア-国見峠-国見岳-根の平峠-朝明渓谷-(東海自然歩道)-湯の山温泉駅
★距離:23.771㎞
★タイム:7時間53分(8時間47分 ※1)
★平均ペース:19分52秒
★累積上昇高度:2,002m
★累積下降高度:1,984m
 ※1 タイムは7時間53分となっていますが、鎌ヶ岳山頂でのおにぎりの補給、御在所岳のレストラン アゼリアでのカレーうどんの補給時には、時計を止めていたので、実際の所要時間は8時間50分ほどになります。

f:id:fjt320:20161026212311j:plain

湯の山温泉駅~三岳寺
・距離:4.12㎞
・所要時間:39'20"
・高低差:293m

三岳寺~(馬の背尾根)~鎌ヶ岳
・距離:3.99㎞
・所要時間:2:09'53"
・高低差:724m

 三岳寺裏の遊歩道で道に迷い、スタート地点の三岳寺に戻りそうになる。
 馬の背尾根は明るい尾根、三岳寺と鎌ヶ岳山頂との高低差は724m、ちょっと頑張り過ぎたせいか、途中で右ふくらはぎがつる。

f:id:fjt320:20161024232622j:plain

f:id:fjt320:20161024232623j:plain
〔明るい馬の背尾根〕

f:id:fjt320:20161024232624j:plain

f:id:fjt320:20161024232625j:plain
〔馬の背尾根の大ハゲ〕

f:id:fjt320:20161024232626j:plain

鎌ヶ岳~武平峠~御在所岳~レストラン アゼリア
・距離:3.32㎞
・所要時間:1:23'20"
・高低差:10m

 右ふくらはぎがつった影響からか御在所岳山頂付近で、右大腿部に違和感が、足を上げるとき電気が流れるような感じに、先に進むのは止めて御在所岳からの下山を考える。しかもロープウェイで・・・

 エネルギー不足だったのか、レストラン アゼリアでのカレーうどんの補給と休憩で、大腿部の違和感も治まったので先に進む。

f:id:fjt320:20161024232628j:plain
〔鎌ヶ岳山頂から眺める鎌尾根〕

f:id:fjt320:20161024232629j:plain
〔天指し岩と鎌ヶ岳〕

f:id:fjt320:20161024232630j:plain
〔望湖台から雨乞岳を望む〕

レストラン アゼリア~国見峠~国見岳~根の平峠
・距離:3.13㎞
・所要時間:1:10'40"
・高低差:▲369m

f:id:fjt320:20161024232632j:plain

f:id:fjt320:20161024232631j:plain

f:id:fjt320:20161024232633j:plain
〔石門〕

f:id:fjt320:20161024232634j:plain
〔国見岳から伊勢平野〕

f:id:fjt320:20161024232635j:plain
〔国見岳から御在所岳

f:id:fjt320:20161024232636j:plain

f:id:fjt320:20161024232637j:plain
〔天狗(天狗岩)が覗く尾根〕

根の平峠~朝明渓谷
・距離:2.78㎞
・所要時間:50'07"
・高低差:▲348m

 当初の予定では根の平峠を越え、羽鳥峰から朝明渓谷に下りるつもりだったが、疲労もピークに達していたので先に進むのを断念、根の平峠から下山する。

朝明渓谷~(東海自然歩道)~湯の山温泉駅
・距離:7.14㎞
・所要時間:1:39'00"
・高低差:▲312m

 朝明渓谷から湯の山温泉駅に戻るための東海自然歩道・・・ハイキング気分で戻れると思っていたが、高低差200m以上の峠(風越峠というらしい。)越え、しかも、暗く湿った谷筋の道、できることなら避けて通りたい道である。