六十の手習い

ついに、六十になりました。

ナゴヤアドベンチャーマラソン(ハーフ)

 例年だと11月第1日曜日に開催される『あいの土山マラソン(フル)』に向け、10月中旬にハーフを走るのですが、今年は、①春から夏場にかけての練習不足、②10月中旬の週末に仕事関係の予定が入る、③これまでフルマラソン過多の傾向にあった。等々から、今シーズンはエントリーする大会を見直すこととしました。
 そして、10月28日(日)、見直し以降初の大会『ナゴヤアドベンチャーラソン(ハーフ)』に参加してきました。

f:id:fjt320:20181028211115j:plain

 因みに昨年エントリーしたフルマラソンは次のとおり・・・11月~4月の6ヶ月で6大会、よくぞこれだけエントリーしたもんだと我ながら感心していますが、このうち2大会は体調不良で棄権しています。

 ①あいの土山マラソン(2017.11.5)
 ②袋井クラウンメロンマラソン(2017.12.10 DNS
 ③木曽三川ラソン(2018.1.21)
 ④京都木津川マラソン(2018.2.4)
 ⑤静岡マラソン(2018.3.4)
 ⑥掛川・新茶マラソン(2018.4.15 DNS

ゴヤアドベンチャーラソンの結果は次のとおりです。
◆完走証(後日郵送、10月30日に届きました。)
 記録:1時間51分59秒
 ※Wristable GPSウォッチ SF810測定値
  ネット:1時間51分29秒
  距離:21.002㎞

 GPSウォッチが計測した距離は21㎞で100mほど不足しており、これを考慮すると、実質的なタイムは1時間52分を切るか切らないかというところでしょう。
 ということで、私のハーフの目標である1時間50分は切ることはできませんでしたが、この結果はシーズン初レースということを考えれば"やむなし"です。

 年内のレースはハーフマラソンが2本・・・11月18日の『ひさい榊原温泉ラソン』と12月2日の『お伊勢さんマラソン』、前者はアップダウンがかなりありそうなので目標達成は難しいかもしれませんが、後者ではなんとしても1時間50分は切りたいものです。陸連公認コースのようだし・・・


距離 ノゴヤアドベンチャー
マラソン
('18.10.28)
あざいお市
マラソン
('17.10.8)
越前大野名水
マラソン
('17.5.22)
01㎞ 5'31/141 5'20/143 5'21/142
02㎞ 5'01/154 5'07/157 5'03/156
03㎞ 5'05/157 5'14/158 5'03/157
04㎞ 5'12/157 5'17/161 5'06/157
05㎞ 5'26/156 5'21/161 5'22/158
06㎞ 5'14/156 5'15/162 4'54/158
07㎞ 5'09/156 5'13/163 5'01/158
08㎞ 5'15/156 5'17/164 5'02/159
09㎞ 5'19/155 5'23/158 5'07/160
10㎞ 5'13/156 5'01/160 5'20/160
11㎞ 5'14/156 5'05/160 5'01/161
12㎞ 5'21/158 5'03/160 4'59/158
13㎞ 5'16/156 4'51/162 5'00/159
14㎞ 5'10/158 5'06/162 5'06/160
15㎞ 5'12/158 5'14/160 5'08/161
16㎞ 5'23/158 5'08/162 5'16/162
17㎞ 5'40/158 5'09/162 5'10/160
18㎞ 5'15/157 5'55/162 5'17/159
19㎞ 5'27/158 5'27/162 5'03/160
20㎞ 5'22/158 5'10/163 5'02/162
21㎞ 5'30/158 5'12/165 5'04/168
22㎞ 2'05/161 1'07/165
TOTAL 1:51'29 1:50'45 1:49'21

 ※参考として直近の『あざいお市ラソン』と1時50分を切った『越前大野名水マラソン』も記載

◆コースの模様及びレース展開
 まず、庄内緑地公園の2.3㎞の周回コースを2周、かなり後方からスタートしたため、混雑して走れないかもと思っていましたが、意外と走れる。

 その後、庄内川の堤防に出、東進・西進・東進を繰り返す。最後の東進は河川敷のグランドを走り、庄内川河川敷コースに入る。
 6㎞あたりでペースメーカー的ランナーさんを発見、そして、その背後に付く。やや遅いペースだが、折り返してからが勝負だと自分に言い聞かせ、ここは我慢して付いていく。

 11㎞過ぎ、階段・信号、そして、橋を渡り対岸に・・・再び河川敷に下り草むらを走る。これが『アドベンチャー』たる所以か。

 14㎞過ぎで折り返す。これからペースアップしてペースメーカーさんを追い抜く予定・・・のはずでしたが、安定力抜群のペースメーカーさんは淡々と走っていく。それに引き換え私は、向かい風となったこともあり16㎞以降徐々に遅れだす。