六十の手習い

ついに、六十になりました。

庄内緑地グリーンランニング 27th(30km)

 2019年2月17日、『庄内緑地グリーンランニング 27th(30km)』に参加してきました。 

◆過去の同大会の記録

年月日 タイム(平均ペース)
'15.12.20(11th) 2:47:57(5:36/㎞)
'16.2.21(12th) 2:47:36(5:36/㎞)
'16.9.18(15th) 3:11:31(6:24/㎞)
'17.4.30(18th) 8周リタイア
'17.9.17(20th) 7周リタイア
'18.12.16(11th) 2:43:01(5:36/㎞)

 2月は、10日に『第14回津シティマラソン大会サオリーナ杯2019(10㎞)』、そして、中一週空けた24日には『第41回読売犬山ハーフマラソン』に参加し、3月10日の『能登和倉万葉の里マラソン2019(フル)』でサブ4に挑戦する予定でした。

 しかしながら、1月20日の『第21回木曽三川マラソン(フル)』では、新たに設定した「30㎞を5'30"/㎞のイーブンペースで走り切る。」という目標を達成しておらず・・・
「それが達成できんのに、サブ4なんて無理やん・・・」
「1㎞毎のラップタイムを見るともうちょっとやったんやけどなぁ~」
「次に走る機会があったら、必ず達成できると思うわ・・・」
「次の機会って、『能登和倉万葉の里マラソン』なんやけど・・・」
「どうせなら本番までに達成して、気分良くフルマラソンを迎えたいわな・・・」
「2月17日が空いとるで『庄内緑地グリーンランニング 27th(30km)』にエントリーする?」
「読売犬山ハーフマラソンに疲れが残るかも・・・」
「そやけど、今は目標達成が先やろ!」
 ということで、並々ならぬ覚悟で挑んだ『庄内緑地グリーンランニング 27th』ですが、何を根拠に「必ず達成できると思った・・・」のか分かりませんが、今回も”20㎞の壁“に簡単に跳ね返されてしまいました。

◆今回の記録
《完走証》
 ・タイム:2時間43分30秒
 ・平均ペース:5分27秒
 ・平均ラップ:13分37秒

《Wristable GPS SF810の記録》
 ・タイム:2時間43分31秒
 ・平均ペース:5分34秒
 ・走行距離:29.292㎞

《周回毎のラップタイムとペース》

周回
(距離)
'19.1.17
(27th)
'18.12.16
(26th)
01周目
(2.5㎞)
13'05"
5'14"/㎞
13'10"
5'16"/㎞
02周目
(5.0㎞)
13'08"
5'15"/㎞
13'05"
5'14"/㎞
03周目
(7.5㎞)
13'08"
5'15"/㎞
12'55"
5'10"/㎞
04周目
(10.0㎞)
12'59"
5'11"/㎞
13'08"
5'15"/㎞
05周目
(12.5㎞)
13'07"
5'15"/㎞
13'09"
5'15"/㎞
06周目
(15.0㎞)
12'51"
5'08"/㎞
13'03"
5'13"/㎞
07周目
(17.5㎞)
13'07"
5'15"/㎞
13'05"
5'14"/㎞
09周目
(22.5㎞)
13'43"
5'29"/㎞
13'50"
5'32"/㎞
10周目
(25.0㎞)
14'03"
5'37"/㎞
14'08"
5'39"/㎞
11周目
(27.5㎞)
15'19"
6'07"/㎞
14'53"
5'57"/㎞
12周目
(30.0㎞)
15'46"
6'18"/㎞
15'13"
6'05"/㎞
記録
ペース
2:43'30"
5'27"/㎞
2:43'1"
5'26"/㎞

※上段は1周(2.5㎞)のラップタイム、下段は1㎞あたりの平均ペース

 2ヶ月前の2018年12月16日の同大会と比較すると、今回の方が全体のタイムで29秒遅く、周回毎では、10週目まではほぼ五分五分でしたが、11周目で26秒、12周目で33秒遅くなっており、ここでもう少し頑張ることができれば、大会記録更新は間違いなかったと思われます。
 今大会では、シューズを『ミズノ WAVE RIDER 22』、インソールを『SIDAS 3Feet Activ High』の組み合わせに変えてから一度も発生していなかった『左足裏拇指球』の痛みが20㎞手前から現れ、そして、1月20日の『木曽三川ラソン』では、30㎞以降に現れた、攣る前兆であるふくらはぎの”ピクピク”が、今回は最終周に入るとすぐに”ピクピク”しだし、これが失速の原因となりました。

《1㎞毎のラップタイム / 心拍数》

距離 グリーンランニング27th
(2019.2.17)
木曽三川マラソン
(2019.1.20)
グリーンランニング26th
(2018.12.16)
01㎞ 5'17" / 126 5'18" / 131 5'20" / 115
02㎞ 5'19" / 150 5'12" / 140 5'21" / 152
03㎞ 5'23" / 153 5'09" / 154 5'26" / 155
04㎞ 5'23" / 152 5'07" / 156 5'17" / 155
05㎞ 5'27" / 153 5'02" / 157 5'27" / 155
06㎞ 5'24" / 154 5'03" / 156 5'23" / 156
07㎞ 5'21" / 152 5'11" / 156 5'15" / 157
08㎞ 5'29" / 153 5'11" / 155 5'24" / 157
09㎞ 5'20" / 153 5'18" / 154 5'19" / 156
10㎞ 5'25" / 153 5'09" / 155 5'25" / 157
11㎞ 5'18" / 153 5'18" / 156 5'15" / 157
12㎞ 5'16" / 153 5'20" / 155 5'23" / 159
13㎞ 5'16" / 155 5'27" / 153 5'26" / 161
14㎞ 5'15" / 155 5'24" / 153 5'19" / 159
15㎞ 5'28" / 155 5'20" / 154 5'24" / 160
16㎞ 5'16" / 156 5'19" / 154 5'16" / 159
17㎞ 5'17" / 156 5'18" / 154 5'20" / 164
18㎞ 5'20" / 157 5'20" / 154 5'27" / 177
19㎞ 5'23" / 156 5'36" / 153 5'26" / 197
20㎞ 5'34" / 156 5'15" / 154 5'48" / 191
21㎞ 5'30" / 156 5'26" / 154 5'27" / 184
22㎞ 5'37" / 155 6'03" / 149 5'36" / 188
23㎞ 5'48" / 155 5'29" / 155 5'49" / 194
24㎞ 5'41" / 154 5'29" / 155 5'44" / 170
25㎞ 6'44" / 150 5'29" / 170 6'16" / 184
26㎞ 5'52" / 153 5'30" / 164 5'52" / 197
27㎞ 6'29" / 153 5'37" / 155 6'33" / 179
28㎞ 6'04" / 153 5'33" / 158 5'54" / 192
29㎞ 6'26" / 150 5'40" / 147 6'03" / 166
30㎞ 6'30" / 149 6'11" / 148 6'24" / 165
31㎞ 5'37" / 165
32㎞ 7'22" / 153
33㎞ 6'32" / 150
34㎞ 7'09" / 141
35㎞ 6'53" / 162
36㎞ 7'27" / 140
37㎞ 7'16" / 160
38㎞ 7'15" / 140
39㎞ 6'50" / 142
40㎞ 7'27" / 153
41㎞ 7'18" / 174
42㎞ 7'05" / 182
FINISH 1'28" / 182

 また、1月20日の『木曽三川ラソン』と今回の『庄内緑地グリーンランニング 27th』の1㎞毎のタイムを比較してみると、10㎞までは『木曽三川ラソン』が10~20秒/㎞速く、11~20㎞は同程度、21~30㎞は『木曽三川ラソン』が5'00"/㎞台を維持しているにも関わらず、今大会は『左足裏拇指球』の痛み、また、ふくらはぎの”ピクピク”もあり、後半で6'00"/㎞台まで失速しています。

 いずれにしても、『左足裏拇指球』の痛みが久しぶりに出たこと、また、ふくらはぎの『攣る前兆』が『木曽三川ラソン』につづき現れたことなど、ネガティブ要素が見え隠れしており、2月24日の『読売犬山ハーフマラソン』、3月10日の『能登和倉万葉の里マラソン』への影響が心配です。